東京男声合唱団(T.M.C.と略称)は、

神田ニコライ堂の「聖ニコライ合唱団」の男声メンバーが集まり、1949年に発足した男声合唱団です。
初代指揮者は、全日本合唱連盟第4代理事長の清水脩氏。
ニコライ時代から歌ってきたロシア正教会聖歌やロシア民謡を得意とし、
一方で現代作曲家への委嘱作品を発表することにより、
草創期の男声合唱レパートリーの開拓につとめてきました。
 1999年の50周年記念演奏会では若返った声を披露して観衆を驚かせました。
しかし近年、病欠や他界者が相次ぎ活動に支障をきたしていたが、団員増強に努めた結果、
新メンバーを迎えて再び新たな決意をもって、より高い精神性と音楽性を目指して、
男声合唱の世界を追求しています。

  [2018.02.17 教会演奏会 (池袋聖公会)]

演奏会in2019
2019年4月20日(土) 14:00開演(13:30開場) 於:池袋聖公会




TMCの経歴(演奏史)

主な練習曲



ボルトニャンスキー合唱聖歌コンチェルト楽譜完成

(男声合唱編曲版6曲)
創立70周年記念出版事業

当団への問い合わせ


(最終更新年月日:2019.03.12サイト変更)

アクセスカウンター